Challenge Inovative TSUZUKI 採用情報

トップページ > 職種紹介 > 技術系のステージ

STAGE1 技術系のステージ

TSUZUKIの技術を牽引する部門で働くスタッフは、生産技術部 総勢50名。
若手の多いこの部門では、人材育成の一環として、若手社員を5つのグループに分け、権限委譲し、それぞれの役割を担ってもらい、業務に取組んでいます。
グループリーダーは、早い時期から、計画に対しての進捗状況の確認や、課題の抽出等、管理能力の修得を実践を通じて学びます。

Scene1:Project体制 生産技術グループ<自動車系>

新規受注品の立ち上げには、プロジェクト体制で取組みます。

リーダー中心にサイクルタイム・品質・コスト・納期などの企画要件を満たすよう、また、管理帳票の整備も含めてメンバー全員が役割を担って同時進行で動いています。

Project体制 生産技術グループ

Scene2:治具設計~作動確認 生産技術グループ<建機系>

モデルチェンジや多種類の製品加工に対応する為、治具の開発・設計を行います。 現場で量産マシンを操作する人の意見を聞く事も、とっても大切な仕事です。

開発・設計段階では、生産性は勿論、安全性や環境にも対応することが求められます。

治具設計~作動確認 生産技術グループ

Scene3:電気の総てに対応 電気・保全グループ

精密機械の電気回路設計から、マシンの配線修理や、工場内の蛍光灯の省エネ化まで、電気のことならどんな事でも引き受けます。

電気を扱う者として、高い知識の習得が必須です。 セミナーへの参加、通信教育も利用し、資格取得にもチャレンジしてます。

電気の総てに対応 電気・保全グループ

Scene4:試作 工機グループ

3D CAD/CAMを駆使し、最新鋭の5軸マシニングを用い、研究開発段階のモデル削り出し加工実現を目指します。

試作 工機グループ
pagetop