都筑の技術力

HOME > 都筑の技術力 > 次世代自動車部品へ

次世代自動車部品へ

限界精度、軽量化への挑戦
高効率・高生産性・高精度を確保しながら、しかも安定品質を提供し続ける都筑製作所。
当社がこれから進む近い未来の技術として、「限界精度」と「軽量化」の探求があります。左と上の写真は、アルミのインゴットから1/10モデルを削り出したもの。
量産性を考慮しつつ、更なる高品質への提案を製品開発の段階からさせていただきます。

超高精度、限界精度への挑戦 ■YASDA 5軸M/C

CAD/CAMシステムとYASDA5軸マシニングセンタを活用し、最少工程での超精密加工を実現しています。切削・干渉シミュレーションにより試作加工のスピードアップと量産性への仕様反映を行っています。
試作部門では仕様の異なる5軸マシニングセンタをラインナップし、高難易度加工へのチャレンジを続けています。

精密試作品加工の追究と発展へ

総削り試作により、開発への早期参画が可能となり、当社の得意とする量産性を考慮した提案を上げ、量産立上げのスピードUPとQCDの向上へと繋げています。
また、様々な部品の試作を行う事で、立上げ品質の熟成や加工技術を進化させながらノウハウを蓄積して、人材育成も図っていきたいと考えています。