都筑の技術

HOME > 都筑の技術 > 高精度エンジン、ミッション部分

高精度エンジン、ミッション部分

精度ナンバーワンへの挑戦
ローターシャフトは、エンジン・ミッション間のアシストモーター中心部の回転する部品です。 高硬度難削材のため、刃具摩耗が早い工程ですが刃具交換による生産ロスのミニマム化を追求しています。
極小公差の加工については全数計測を行い、フィードバックを行なう事で高い工程保証能力を保っています。

ステーターシャフトAssy

新構造CVTを構成する部品であるステーターシャフトは、CVTの心臓部であり、真円度、円筒度、真直度ともに、公差の厳しい高精度部品です。フランジにシャフトを圧入する工程での荷重波形データは、コンピューターに記録保存され1台ごとのトレーサビリティを実現しています。

ローターシャフトロボット

高精度クリーン部品加工工場に設置されたロボットが、並列ラインのワーク着脱・M/C間搬送を全自動で行なうラインになっております。
重要箇所の精度についてはインラインで計測しフィードバックを行う事で高い工程保証能力を保っています。

クリーンルーム

クリーンルームでは、シャフト、ベアリングおよびサークリップの圧入などの組立が行なわれ、塵やゴミを許さない厳格な検査を経て出荷されます。