都筑の技術

HOME > 都筑の技術 > 組立完成機能部品

組立完成機能部品


正確かつパワフルな動きを制御する油圧機器は、機械加工から組立、ベンチテスト、塗装まで一貫した、クリーンかつ厳しい品質管理されたラインから作り出されています。
特に、建機油圧システムの中核であるメインバルブは加工から組立の総合技術の集大成です。

高精度・完成度を極めるために

①バルブスプール

バルブスプールはNC旋盤とマシニングセンター・熱処理・研削・バフ仕上げで加工され、真直度・真円度・円筒度はミクロン単位で管理されます。 加工途中に発生したバリは、サーマルデバリング装置の熱と衝撃波により完全除去されます。

NC旋盤+マシニングセンター
サーマルデバリング装置
②バルブボディ
ホーニングマシン

バルブボディは、高精度VMC(縦型マシニングセンタ)・HMC(横型マシニングセンタ)で加工後、スプール穴はホーニングにより、真円度・真直度・円筒度はミクロン単位で管理され、スプールとのクリアランスもミクロン単位で管理しています。
また、適切な手入れと高圧・大容量洗浄により、清浄度レベルも確保されています。

全数・自動出荷テストによる品質保証

油圧機器性能テストベンチ

製品の組立は、バーコード照合によるピッキングシステムで1台ずつ部品を集結し、トレサビリティーを確立して、機能保証を図っています。
また、組立品は全て数百項目の自動出荷テストを実施し、品質保証体制を確保しています。