「エアロマート名古屋2019」  9/24(火)~26(木)に参加します。

エアロマートロゴ図1.png

エアロマート名古屋」に参加します。

エアロマート名古屋とは航空宇宙分野のビジネスマッチングにおいて、世界的に実績のあるフランスのBCIエアロスペースが主催する事前調整型ビジネス商談会です。

当社は自動車部品製造で培った高精度な加工技術、建設機械の油圧部品で積み重ねた性能保証の技術と知見を活かし、航空・宇宙事業の拡大を目指しております。

エアロマート名古屋2017にも参加しましたが、今回2019では、φ600クラスまでの加工物への対応や、新たな鍛造成形品へのご提案を軸に商談を考えております。

是非、弊社ブースへお立ち寄りいただきますよう、お願いします。

----------------------------------------------------------------------------------------------

■ 「エアロマート名古屋2019」~国内最大級のビジネスマッチング in 航空宇宙産業~

■ 会 期      :  9月24日(火)~26日(木)

■ 会 場     :  名古屋市中小企業振興会館 吹上ホール

■ 展示ブース№  :  A26

 □ 電話でのお問合せ  : 〈営業部〉 ☎ 0268-82-0843

 □ メールでのお問合せ : 営業 月岡 yo.tsukioka@tsuzuki-mfg.co.jp

 □ Webからのお問合せ: https://www.tsuzuki-mfg.co.jp/contact/  

2019.08.20 「坂城町コトづくりイノベーション補助金」の採択を受けました。

づくりコト図1.jpg

令和元年度「坂城町コトづくりイノベーション補助金」の申請を行ない、採択を受けました。

弊社では、開発提案型企業を目指し、開発分野にチャレンジしています。

今回、坂城町様の「コトづくりイノベーション補助金制度」を利用させていただき、地域の皆様のお役に立てるよう、開発に向けた取り組みを加速させてまいります。

夏季休暇(8/10~18)のお知らせ

誠に勝手ながら、以下の期間を休暇とさせていただきます。

20198月10日(土)~20198月18日(日)

休暇中にいただいた「お問い合わせ」につきましては、8月19日(月)以降に対応させていただきます。

また、8月9日(金)にいただいた「お問い合わせ」につきましても、8月19日(月)以降に対応させていただく場合がございます。

大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

2019.7.31 献血活動への貢献が評価され厚生労働大臣名で感謝状を頂きました。

長年に亘る、献血活動への取り組みを評価して頂きました。
献血は最も身近な社会貢献であり、今後も一人でも多くの社員に参加してもらえるよう活動を継続してまいります。感謝状図1.jpg

2019.7.27 『都筑製作所&Honda Dream東御』で、鈴鹿4時間耐久ロードレースに挑みました。

鈴鹿4時間耐久ロードレースに都筑製作所とHonda Dream東御の合同チームで、初参戦しました。

当社には、「チャレンジテーマ」という制度があります。社員が「やりたい」「かなえたい」夢を、会社が応援する制度です。

今年の3月に「鈴鹿8時間耐久ロードレースへの挑戦したい」と声が上がり、承認されました。

今回の参戦は、8時間耐久レースへ向けての第一ステップの位置づけで、「国際A級ライセンス取得」「4時間耐久レース出場によるレベルアップ」「レースサポートの育成」を目指しました。

この日のために、ライダーは体力、持久力のトレーニング、サポートメンバーは、初めての工具を使いながらのマシンの調整やタイヤ替え、燃料の補充の練習等を積み重ねてきました。

ピット作業は、1人として経験が無く、Honda Dream東御さんに一から教えてもらって、確実な作業とスピードを詰めてきました。また今回はモトラボEJクラブ2名にレースサポートとして応援いただきました。

当日の朝は、三重県に台風が上陸するという悪天候となりました。会社からは、真夜中に長野を出発した応援組がバス1台で駆け付け、応援スタンドから声援をおくりました。

台風の影響で完全ウエットでレース開始、多くの転倒車が続出するレースで予選21番手スタートから順位を上げ、7位迄浮上しましたが、19周目130Rで転倒。マシンを修復後、再スタートをしましたが、このあとも転倒者が続出したことで、11時40分過ぎに赤旗が提示されました。しばらく待つも雨、風ともに止まず、レース再開はなく、レース成立となり終了しました。 結果は39位でした。

ライダー角田祐介、南澤昌、そして二人の走りをサポートしたメンバーは、既に次のステージを誓い、このチャレンジで明確になった課題に向けて、新たな取り組みを始めています。

角田祐介という一人の社員の夢から始まったこのチャレンジは、彼ひとりのものでも、メンバーのものでもなく、都筑製作所の夢として走り出しました。

メンバーの皆さん、応援に駆けつけてくれた皆さん、お疲れさまでした。更に高みを目指して、頑張りましょう!!4耐図1.jpg4耐図2.jpg4耐図3.jpg4耐図4.jpg4耐図5.jpg4耐図6.jpg4耐図7.jpg4耐図8.jpg4耐図9.jpg