これまでのTSUZUKI、これからのTSUZUKIものづくり企業としての70年の歴史、今後の戦略について。

これまでのTSUZUKI

1944年
長野県坂城町にて創業
1952年
本田技研工業(株)と取引開始
1961年
(株)小松製作所と取引開始
1968年
資本金を1億4,000万円に増資
1969年
東部町に東部工場を設立、操業開始
1994年
丸子町に丸子工場を設立、操業開始
1999年
ISO14001認証取得
2001年
インドネシアにP.T.Tsuzuki & Asama Manufacturing(T&A)設立(現スルヤチプタ工場)
2007年
ISO9001認証取得
2010年
(株)JSテック設立
2010年
資本金を4億8,000万円に増資
2011年
タイにThai Tsuzuki Co.,Ltd.(TTC)設立
2011年
(株)オオヤマを青木工場としてグループ化
2012年
インドネシアにT&Aカラワン工場を新設
2014年
創立70周年記念の集いを開催
2016年
TTCにてTS16949認証取得
2017年
インドネシア拠点 社名変更(Tsuzuki & Asama→Tsuzuki Indonesia)

インド現地法人への技術支援開始

JISQ 9100認証取得

これからのTSUZUKI

創業から70年余り、QCD追求に基づいた精密・量産技術でものづくり企業として着実に成長を遂げてきました。2015年、さらなる進化を目指すべく、都筑製作所の近い将来を示した事業方針として掲げたのが「2025年VISION」です。
これまでのQCD追求と平行して、「自社製品開発メーカー」と「ナックルAssy世界No.1メーカー」を具体的目標として、国内でも唯一無二のものづくり企業を目指しています。

これからのTSUZUKI