仕事への挑戦

〝データに基づいた改善は、会社の体質改善でもあります〟

小林 知寛Tomohiro Kobayashi

生産技術部 丸子技術1課2014年入社/生産環境システム専攻卒

就職活動で感じた都筑製作所の魅力

学生時代は電子制御工学を学んでいました。具体的には歯車関係の研究をしており、卒業研究は、油圧ポンプで使われる遊星歯車装置の設計と制作でした。電子制御工学科は、機械系、電気系、情報系の3つのジャンルをバランスよく学べる学科だったんです。その中で自分がいちばん興味を持っているのが機械系だと気づけたことが良かったと思います。

就職活動では、生まれ育った長野県内の企業という希望がまずありました。学校の求人サイトの中から機械系の会社で気になる会社をピックアップして、企業説明会や工場見学などに参加しました。その中の一社が都筑製作所でした。都筑製作所は大手の自動車メーカーと建機メーカーの重要な部品を作っているという点にまず興味を持ちました。安定性ということもありますが、ものづくりとしてのレベルが高い企業に違いないと思ったんです。会社見学で実際に先輩社員と会ったとき、社員の方が皆さんいきいきとしているのが印象的でした。仕事終わりや休日に自分の趣味の時間をしっかり持てるし、福利厚生もしっかりしている。その点にも惹かれました。

ただ、学生時代は自分でコンセプトを考え、自分で設計して、自分の手で加工を進めるという作業、いわば「一品もの」の製作でした。これは、機械のプログラムを調整して、品質を保証して量産するという都筑製作所での仕事とはまったく異なる作業です。なので、学校で何を学んでいたかはあまり重要じゃないかもしれないですね。

入社からこれまでの経緯

入社、そしてラインの改善担当へ

入社1年目は製造現場に配属、2年目は丸子技術2課で旋盤やフライス盤での加工を担当と、入社当初は製造現場の基礎を実地で学びました。2年目の途中から現在の丸子技術1課に移り、製造ラインの立ち上げ業務のサポートに入りました。丸子技術1課は、丸子工場にあるすべての製造ラインの新規立ち上げと、既存のラインの改善や保全を担当する部署です。

ラインの改善は、現場で現在稼働している製造ラインの生産量を上げるためにさまざまな調整を行う作業です。切削する刃物の回転数や速さなどの条件を変えたり、プログラムを修正したりして、時間当たりの生産量を増やすんです。
受注が増えて生産しなければいけない量が増加すれば、現場は残業や休日出勤などの変則的なシフトでなんとしても対応していかなければいけません。時間当たりの生産量を増やすことができれば、そういうケースを減らせますよね。そうやって現場のお手伝いをするのが改善です。

いま私が取り組んでいるのは建機のあるラインの改善業務です。このラインは加工時間のサイクルが120分かかっているので、目標は10%削減、つまり120分を108分にすることです。取りかかって5か月で3分弱の削減に成功していますが、まだ先は長いですね。

仕事と趣味の両立

データ解析のプロを目指して

加工時間を削減するといっても、どこをどうすればいいという定石はありません。改善は、対象の機械にデータ取りのための装置を取り付けて、切削のデータを抽出するところから始まります。そのデータから、どこの工程の条件が調整できるかをほかの機器のデータと比較しながら検討します。そして、数値を1つ調整するたびに新たにデータを取って結果を検証する。その繰り返しです。

加工スピードを上げると製品の品質に問題が生じたり、不具合が起こるかもしれません。どこまでスピードを上げられるのかの線引きが難しいんです。改善は品質に関わるので繊細さが必要だと思いますが、自分はわりと抜けているところもあるので、トラブルにつながらないよう、先輩にアドバイスをもらいながら日々トライしています。

日々多くのデータに触れているので、データを検討するノウハウが身につきました。装置を取り付ければ機械からデータは取れるけど、そのデータを理論的に解析して改善に活かすということは、まだ社内ではそれほどできていないんです。いろいろなアプローチで改善ができるよう自分の技術を高めて、加工の改善、改良のプロフェッショナルになりたいです。それに、データに基づいて改善していくというのは、会社の体質改善の一翼を担っているという思いもあります。こういう重要な仕事を4年目の私に任せてくれるところも、都筑製作所の魅力のひとつですね。