パワーショベル用|油圧ポンプの精度保証検査技術

性能保証(油圧機器)

油圧ポンプの検査システムを社内でバージョンアップいたしました。

目的とねらい

メーカーから提供いただいていた検査装置のバージョンアップ

自社での運用・メンテナンスを目指す

検査時間の短縮 45分→20分へ

m2400_sRGB_DSC0397.jpg

現状の課題

課題1 検査装置を提供いただいていたメーカー様からの保守が終了

課題2 社内で運用・保守できるようにバージョンアップする必要がある

課題3 現状45分かかっている検査時間を短縮したい


要件設定

品質は落とさず(トレーサビリティを継続)、検査時間を削減する。

  • 全部品にスイッチ表示器を設置し、ハンディによるバーコード照合は基本的に行わない
  • ロット切替え時(現品票切替え時)のみ小型ハンディを使用し、ロットNo,を登録
  • 次回ロット切替えまで同ロットを使用するシステム設定にすることでトレーサビリティを継続
solution_kenki02_sub03 (1).jpg solution_kenki02_sub02.jpg solution_kenki02_sub04 (1).jpg
solution_kenki02_sub03 (2).jpg

ポイント

  • 製品機能を理解し、数値化(ヒステリシス計測)
  • 検査する体勢に合わせて、グラフ表示ディスプレイを左右両面に設置
  • 社内製造部で企画・開発・運用

成果

  • 社内での運用・保守を実現
  • 78ポンプの検査時間が45分から20分に短縮
  • ポンプテストのトレーサビリティ管理100%

担当者の声

圧力・流量・回転などの計測値全30ch以上を100m秒で記録し、さらには試験毎の計測必須項目については10m秒で計測をしています。
制御については学習機能を用いて、条件出しまでの時間を短縮することができました。
また、レコーダー機能も搭載しているため、手動運転にて取得したデータも全ch記録・保存ができます。
以前までは試験項目のみの対応がやっとでしたが、油圧ポンプ試験設備として最新機能を搭載したスーパーマシンに生まれ変わりました。

都筑製作所は品質保証に積極的に取り組んでいきます

特に、建設機械の心臓部を支える建機用部品では、国内トップレベルの加工・組立技術と一貫機能保障を実現しています。
これからもQCDを追及し、国内で唯一無二のものづくり企業を目指します。

メールでのお問い合わせ・ご相談 お問い合わせフォーム »