作業指示システム導入で組立をデータ化。時短とトレーサビリティに貢献

性能保証(油圧機器)

各種油圧機器、エンジン構成部品の組み立て工程の作業指示をシステム化。作業時間の短縮と、作業トレーサビリティを実現しました。

目的とねらい

組み立て工程の作業指示をシステム化

組み立て作業時間の短縮

組み立て作業内容のデータ化およびトレーサビリティ

自社での運用・メンテナンスを目指す

m2400_sRGB_DSC031_mini.jpg

現状の課題

課題1 今までは紙に書かれた指示書を見ながらの作業で効率がわるい

課題2 作業内容をデータ化し、トレーサビリティしたい

課題3 組み立て作業の精度を工場したい

課題4 現状30分かかっている組み立て時間を短縮したい


要件設定

組み立て品質を向上させ、作業時間を削減する。作業内容のトレーサビリティを実現する。

  • 動画による作業指示システムを企画・設計・導入
  • 各種油圧機器、エンジン構成部品の組み立て工程を動画撮影し、「動画標準書」を部内で編集、制作
  • トルクレンチなどの工具を無線式データ伝送に切り替え、組み立て作業内容をデータ化
  • 全作業をデータ化したことによる組み立てトレーサビリティを確率
m2400_sRGB_DSC0305_mini.jpg m2400_sRGB_DSC0326_mini.jpg m2400_sRGB_DSC0319-2_mini.jpg
m2400_sRGB_DSC0314_mini.jpg

ポイント

  • 「動画標準書」と実作業データの連動
  • 無線式データ伝送工具により、作業内容の可否をデータ判定
  • 無線式データ伝送工具により、作業日時、作業タイム等も全てデータ化
  • 社内製造部で企画・開発・運用

成果

  • 該当製品(5製品)の組み立て工程を動画およびデータ化
  • 該当製品(5製品)の組み立てトレーサビリティ管理100%
  • CAコントロールバルブの組み立て時間が70分から65分に。5分短縮を実現
  • 社内での運用・保守を実現。他の組み立て製品にも応用が可能

担当者の声

熟練作業者でも久しぶり製品は組立手順・使用工具など忘れてしまうことがあります。
そんなとき、作業指示システムの動画を確認すればすばやく対応ができます。
また、使用工具はすべて通信対応しているため、作業者も自信を持って作業することができます。
類似のシステムも多様にありますが、非常に細かなデータを取得できるため、お客様からの信頼性も高いと感じています。
小型~大型製品問わず対応可能であり、使用方法を柔軟に考え、展開を推進していきたいと思います。

都筑製作所は品質保証に積極的に取り組んでいきます

特に、建設機械の心臓部を支える建機用部品では、国内トップレベルの加工・組立技術と一貫機能保障を実現しています。
これからもQCDを追及し、国内で唯一無二のものづくり企業を目指します。

メールでのお問い合わせ・ご相談 お問い合わせフォーム »