中空シャフト『ラジアルフォージング』説明動画

中空シャフト

>YouTubeで動画を見る

軸物の軽量化・コスト削減・付加機能
中空シャフトの新しい加工技術『ラジアルフォージング』

ハンマー(金型)によって軸の径方向から力をかけ、塑性させる加工方法の鍛造機。
それがラジアルフォージングです。
芯金を挿入し内径形状を転写させることで、内外径同時に成形することができます。


都筑製作所は複雑形状、高精度加工も得意領域です。
中空軸塑性加工設備の導入に合わせ、軽量化などの技術開発にも取り組んでいます。
仕様提案でお客様のソリューションに貢献いたします。

航空機・鉄道・自動車・医療など広い分野で中空シャフトによる付加価値向上を実現いたします。
ぜひご相談ください。

メールでのお問い合わせ・ご相談 お問い合わせフォーム »